白福あずきさんのレビュー

Medium

更新日時
2018.07.09

小説 / その他

作品の長さ:1,901文字

(1)読者数:15

2018.07.15 14:48

ネタバレ注意

迎え火をしても、亡き人を思って祈りを捧げても会えないのだから意味がない。私にはかなこはどこか悲観的に、どこか強がっているように見えました。そんなかなこが迎え火をつけることでようやく一人の死を受け入れられた瞬間は、少女の成長を見れた気がしました。 素敵なお話、ありがとうございました。

このレビューを見る

Medium

更新日時
2018.07.01

小説 / SF・ファンタジー

作品の長さ:106,862文字

(4)読者数:66

2018.07.07 19:49

ネタバレ注意

こういう物語の書き方もあるのだな、と思いながら楽しく読むことができました。 私は個人的に『義務』の話が好きだなーと思いました。中学の頃の恩師を思い出し懐かしい気持ちになりました。 再会できるのは一人だけ。たった一度だけ。再会した後もその先を望んではいけない。 それは皆同じなのに、それぞれが違う未来を進んでいく。それもまた人生なのだな、と考えさせられました。

このレビューを見る

Medium

更新日時
2018.05.19

小説 / ミステリー

作品の長さ:4,381文字

(7)読者数:200

2018.05.12 17:43

電子書籍化おめでとうございます。 ノベラボ公式Twitterで作品を知り、さっ

そく読ませていただきました。 展開が読めず、どんでん返しを受けました。どんどんどんどん引き込まれて、とても楽しい時間を頂きました。

このレビューを見る

Totop