Large

更新日時:2015.12.01


小説 / SF・ファンタジー

完結 セーブ→ロード→

作品の長さ:194,450文字

(3)読者数:350

自殺の名所、13階建ての廃ビルの屋上で拾った「ゲーム」は、現実で「セーブ」「ロード」を行えるものだった。

 

事故で両親を亡くし、田舎の祖父母に引き取られた神山朝は、転校先の中学で無口になり、生徒から虐めを受けていた。死ぬつもりで訪れた廃ビルで、神山は「ゲーム」を手に入れる。

作品を読む

この作品のレビュー一覧

Small

作田あずさ

2018.02.08 22:06

続きを読む

Small

虹乃ノラン

2018.01.17 15:15

ネタバレ注意

脳内で数えきれぬほどに繰り返したであろう罵声、挑発ーー。ゲームルールの不確かさは、そのままアサの期待を裏切りつつも味方するように彼自身の言動を変えていく。興奮と恐怖、怒り、見届けねばならないこの危うさ。結末はどうなるのか。「セーブ→ロード→」その矢印の先にあるものは何か。正論は怒りを煽る。最後に受け入れる強い意志。圧倒的でした。素晴らしかったです。

続きを読む

この作品とコラボレーションしている作品

この作品とコラボレーションしている作品はありません。

Totop