Large

更新日時:2016.07.26


小説 / 青春・友情

完結 ポロロッカの子

作品の長さ:130,341文字

(1)累計読者数:135

大潮の日、アマゾン川で起こる逆流現象をブラジルではポロロッカと呼ぶ。河口から逆流する水のように、日系ブラジル人の少年・リカルドは日本の地を踏み、短い青春を過ごす。そして十五年後、リカルドはある決断をくだす。(序~21)

作品を読む

この作品のレビュー一覧

Small

ノベラボ編集部

2016.11.10 13:01

日本で暮らす日系ブラジル人の心情が淡々とした語り口で書かれており、引き込まれつつ

読み進められました。文章も上手いですね。ただ、ストーリーにもう少しメリハリが欲しかったです。特にラスト。無理やり収束した感があるので、ここはしっかり練り込んでほしいところです。

続きを読む

この作品とコラボレーションしている作品

この作品とコラボレーションしている作品はありません。

Totop