Cover02

更新日時:2016.10.28


小説 / SF・ファンタジー

完結 エンゼリア

作品の長さ:73,209文字

(2)読者数:77

美しい少女マリオンは、ある朝、見知らぬ男に呼び止められる。

そしてその日、世界に異変が起こり、学校は破壊され、生徒たちの姿も消えた。

一人さまようマリオンが鏡に映るものを見た時、足元が揺らぐほどの衝撃を受ける。

「これは誰」と。

 

第15回ノベラボグランプリ 最終候補作にあげていただきました。

ありがとうございます。

作品を読む

この作品のレビュー一覧

Small

観月

2018.01.02 10:05

まだ途中ですが、マリオンが少しずつ自分や今までの世界に違和感を覚えていくさまが丁

寧で、とてもリアルでした。デューカやまだ正体はわからないのですが、助けてくれる青年の描写も格好良くて、ワクワクします。 最後まで読みましたら、またこちらに伺わせていただきます。

続きを読む

Small

木村椅子

2016.12.21 21:42

ネタバレ注意

SFらしく壮大な設定なのに、なぜか箱庭感のある独特な小説世界でした。個人的には擬音の使い方が非常に新鮮で、時々耳で聴いているような感覚があります。また、シーンごとのインパクトが強く、特に最後の『白い網』が、視覚的にも、その意味においても印象的でした。

続きを読む

この作品とコラボレーションしている作品

この作品とコラボレーションしている作品はありません。

Totop