Cover02

更新日時:2017.02.19


小説 / 青春・友情

完結 未練町の尽太

作品の長さ:74,068文字

(1)累計読者数:18

「ぼくたちの未練を断ち切ってほしい。生きている君にしか頼めないから……」死んだ彼のために僕の夏休みは始まりを迎える。

 

夏休み中、田舎町に住む祖父の家に滞在することになる陽太。その町にはカゲボウズ様と崇められる存在がいて、陽太は「カゲボウズ様」に導かれ、ガラスの中に吸い込まれてしまう。そこは白黒の世界、未練のある者だけがたどりと着くと言われている未練町だった。黒い植物、電柱、建物、人……白い空と川。奇妙な世界で、陽太は尽太という少年に出会い、真実へ走らされる――。

作品を読む

この作品のレビュー一覧

Small

リュールー

2017.02.19 23:08

本作最大の魅力はなんと言ってもその色彩鮮やかな描写力でしょう。本作での色とは、単

に風景描写に使われるだけではなく、登場人物の想いや記憶、音や匂いにまで及ぶ重要なファクターとなっています。最終章に至るまでの展開はテンポも良く、最後まで本作が展開した世界観に浸ることができました。ぜひ多くの方に読んで頂きたい作品です。

続きを読む

この作品とコラボレーションしている作品

この作品とコラボレーションしている作品はありません。

Totop