Cover03

更新日時:2017.04.02


小説 / SF・ファンタジー

完結 『神機』:護りし者

作品の長さ:25,025文字

(0)累計読者数:8

 突如としてとある世界に現れた、古代の超兵器『神機』。

 文字通り、神の如き破壊力と無限とも思える英知を備えたそれらは、瞬く間にその世界の有りようを、力なき者は抵抗することさえ許されず、蹂躙されるしかないものに変えてしまった。

 これはそんな世界で出会った、『聖女』の少女と生ける伝説の傭兵の物語である。

 

※この作品はフィクションであり、また犯罪、違法行為等を助長する意図はありません。

※R-15程度の性的・グロテスクな描写があります。

※無断転載お断り

 

用語(随時更新中)

【『神機』】

 世界各地に残る遺跡から発見された、人型の超古代兵器。それに搭載されたコンピューターは、世界の文明の進化をたった1年で数世紀分早めたといわれる。

【『レプリカ』】

 『神機』の部品を製造する技術を一部使用した脚つきの戦車。ただし、『神機』とは違って人型ですらなく、その上、ほぼ全ての性能がそれと比べて大きく劣る。

【『聖女』】

『神機』出現以前から世界中に存在する、傷の治癒、魔を払う、人々の悩みが言わずとも伝わる、という三つの特殊能力をもつ女性。『世界教』において信仰の対象にされている。

【『世界教』】

作中の全世界において、普遍的に信仰されている多神教の宗教。

【古代文字】

作中の古代文明において使用されていた、象形文字に近い文字。

作品を読む

この作品のレビュー一覧

この作品のレビューはありません。

この作品とコラボレーションしている作品

この作品とコラボレーションしている作品はありません。

Totop