Large

更新日時:2017.09.26


小説 / ミステリー

完結 乾杯

作品の長さ:22,917文字

(1)読者数:22

「彼女は……犯人じゃないと思います」

捜査本部に寄せられた情報提供の電話。解決したかに思われた事件はまだ、犯人の計画の上で進行していた。

作品を読む

この作品のレビュー一覧

Small

2017.10.13 15:48

ネタバレ注意

一息に読みきりました。 嘘であれ本当であれ、拡散されてしまえば最後だという恐さは現代の闇ですね。 その闇から広がる事件は二転三転とし、比嘉刑事の勘で犯人へと辿り着きますが、そこには犠牲者が・・・。 実際に、神崎のような人物が存在するのではないかと、最後の笑い声がおぞましいです。 「ウラヤマシイ」を書いて消すシーンが意外と好き。

続きを読む

この作品とコラボレーションしている作品

この作品とコラボレーションしている作品はありません。

Totop