Large

更新日時:2017.11.20


小説 / 歴史・時代

連載中 帝国の進撃

作品の長さ:46,813文字

(0)読者数:8

昭和一六年、日米戦は直ぐそこ迄迫っていた。その時、連合艦隊司令長官 山本五十六大将が真珠湾攻撃を提案する。それを耳に入れた海軍軍令部首席参謀 神重徳中佐はハワイ占領を思いつくのであった。

この小説は「小説家になろう」「カクヨム」にも掲載しています。

作品を読む

この作品のレビュー一覧

この作品のレビューはありません。

この作品とコラボレーションしている作品

この作品とコラボレーションしている作品はありません。

Totop