Cover04

更新日時:2017.09.12


小説 / SF・ファンタジー

連載中 奏でる笛の音ありて、センリの彼方へ Ⅰ

作品の長さ:40,404文字

(0)累計読者数:18

「僕の名は、センリ。ソウシャに拾われ、名付けられた」

 

自分が誰で、本名すら知らない男の子が、ある場所から街に逃げ出してきた。そこで男の子は、ソウシャと名乗る男に出会う。ソウシャは優しく、男の子を迎え入れ、男の子の名をセンリと名付けた。

 

それぞれがそれぞれの思いに囚われ

二人のすれ違う思い

そして、センリとソウシャに隠された大きな秘密とは……

センリとソウシャの、めまぐるしいような日々が始まっていく…………

 

 

小説家になろう でも、天神簗先生の場をお借りして連載中

作品を読む

この作品のレビュー一覧

この作品のレビューはありません。

この作品とコラボレーションしている作品

この作品とコラボレーションしている作品はありません。

Totop