Large

更新日時:2017.07.14


小説 / その他

完結 萩 ― はぎ ―

作品の長さ:3,730文字

(5)累計読者数:43

太陽は真東から昇り 真西に沈む

その日を忘れないために

懐かしいあの頃を思い出す――――

作品を読む

この作品のレビュー一覧

Small

いっき

2017.09.10 09:37

透明感のある素敵な文体に、惹き込まれました。繊細な文章の中に、決して忘れることの

できない祖母との思い出が織り込まれていて感動しました。ずっとこの作品の世界に浸っていたい…そう思いました。

続きを読む

Small

唐瀬大

2017.07.19 18:29

これはまた異色作でしたね。柊さんのちがう一面を見たと言うのもおかしな話ですが、ま

たこういった傾向のお話も読みたいです。素敵な作品でした。

続きを読む

この作品とコラボレーションしている作品

この作品とコラボレーションしている作品はありません。

Totop