Large

更新日時:2017.03.09


小説 / 青春・友情

連載中 秀凡謳歌

作品の長さ:66,936文字

(1)累計読者数:233

凡人である、

神戸 春雨(かんべ はるさめ)

芦屋 夏輝(あしや なつき)

 

その凡人が好きな秀才の、

四条畷 秋(しじょうなわて あき)

久宝寺 冬馬(きゅうほうじ とうま)

 

幼馴染の四人は高校生活を楽しく謳歌する――はずだった。

 

校内で発生し続ける盗難事件。

それをきっかけに四人の謳歌する青春は少しだけ歪んでしまう。

 

「もう……壊れている。ずっと前から。だけど……あぁ、誰か――助けて」

 

緩やかで、不確かで、少しだけ壊れた青春ミステリー。

作品を読む

この作品のレビュー一覧

Small

非公開

2015.07.18 13:23

7部まで読ませて頂きました。 複数視点という難しい構成に挑んでいる点に著者さま

の強い意気込みと好感を覚えました。とても面白かったです。 キャラクター別に言わせて頂くと、(甲乙つけ難いですが)トーマが好きです。 更新と完成を心待ちにしております。

続きを読む

この作品とコラボレーションしている作品

この作品とコラボレーションしている作品はありません。

Totop