Large

更新日時:2017.11.14


小説 / 青春・友情

完結 秘密基地からの眺め

作品の長さ:22,254文字

(1)読者数:3

 いつもと変わらぬ昼休み、親友ダイが死んだことを知った。

 信じられない気持ちを抱きながら、彼と同じ二十年来の親友、ゴウ、ヒロと共に斎場へ向かった。

 僕たちに約束や誓いなど必要なかった。

 本当に大切な友達が誰であるかは心が知っているから。 

作品を読む

この作品のレビュー一覧

Small

まんぼう

2017.11.14 18:37

素晴らしい作品です。語りの部分は標準語で書かれていても会話になると一気に関西弁に

なる所です。これによって、仲間の間の関係が一気に子供の頃に戻って行き、躍動感や瑞々しさの溢れて行きます。 当然、読み手にもその感じは伝わって来て、ページを捲る手が進んでしまいます。そして読者も自分は体験した事の無い事でもその場に居るような既視感を感じるのだと思います。ありがとうございます!

続きを読む

この作品とコラボレーションしている作品

この作品とコラボレーションしている作品はありません。

Totop