Large

更新日時:2018.01.13


小説 / SF・ファンタジー

連載中 風の気まぐれ、天のいたずら ―――《七重宝樹編》

作品の長さ:68,726文字

(0)読者数:4

●あらすじ 

 鍛冶職人の長男坊として生まれ、テレビも無ければ未だに黒電話

という、驚くほど時代錯誤な家庭に育った立花天松は、全国屈指の

進学校・聖開学園高等部に通う三年生。

 ある日、天松は祖父の使い走りで、依頼主の屋敷を訪れた。

 ところが予期せぬ人物と邂逅し、突然、昔話を語られる。

 内容は、日本人なら誰もが知るであろう桃太郎。しかし…。

 紆余曲折の後、異界へと乗り込むことを余儀なくされた天松は、

頼れる仲間と七重宝樹の顕現を目指して駆け抜ける。

 

●作品説明

 某出版社公募新人賞に、主題《風の気まぐれ、天のいたずら》を

応募中。その一年後の舞台《七重宝樹編》を文字数制限も締切りも

ないこちらで連載開始。主題本編を読まずとも理解が出来るよう、

真剣心底、全力で執筆しているつもりです。

 尚、当作品は《小説家になろう》《カクヨム》サイトにも重複で

投稿しており、主に《小説家なろう》を中心に活動。

 よって、PCによる縦書きPDFの閲覧を前提に執筆し、意図的に、

三十文字で改行しています。

 また、それらのコピペの投稿ですので、傍点部分《・》の修正が

されていない箇所もあるかと思います。何卒、ご了承ください。

作品を読む

この作品のレビュー一覧

この作品のレビューはありません。

この作品とコラボレーションしている作品

この作品とコラボレーションしている作品はありません。

Totop