Cover04

更新日時:2018.01.13


小説 / 歴史・時代

完結 森蘭丸の困惑

作品の長さ:15,814文字

(0)読者数:6

おいどんは、第三森蘭丸である。ちなみに今夜から、その名を公に名乗ることが許される。

信長様には謎の性癖があるらしい。

三年に一度、夜にお小姓を求められるが、元の名がなんであろうと「森蘭丸」とお呼びになる。

第三森蘭丸として抜擢されたおいどんは、一体信長様の何を目撃するのか。

作品を読む

この作品のレビュー一覧

この作品のレビューはありません。

この作品とコラボレーションしている作品

この作品とコラボレーションしている作品はありません。

Totop