Large

更新日時:2018.07.08


小説 / その他

完結 担任はアントニオ

作品の長さ:118,751文字

(3)読者数:78

 ある小学校にイタリア人教師が赴任した。名前は、アントニオ。名札の着用を強制したり、細かな持ち物まで決められたりしている現状に「学校はプリジオーネ(監獄)じゃない」と嘆く。当然、他の日本人教師とはぶつかるが、やがて彼の主張が決して無秩序なものではなく、人生を楽しむために大切なものだという共感を得るところとなる。共に机を並べた女性教師にプロホーズし、イタリアに向かうまでの一年間を、子どもと女性教師の目線から描いているポップな教育小説。

作品を読む

この作品のレビュー一覧

Small

ぽにょ

2018.07.13 23:20

それまで正しいと思っていた習わしも実は違ってるいるのかもしれないと新たな価値観を

見つけることができた。 この本を読み、もっとさまざまな視点から物事を考えようと刺激を受けた。

続きを読む

Small

taka

2018.06.17 17:05

刻変わる日本、世界、一般の常識。夢、希望と錯誤する現実。これらを覆す稀にみる逸品

のひとつである。

続きを読む

この作品とコラボレーションしている作品

この作品とコラボレーションしている作品はありません。

Totop