Cover06

更新日時:2018.06.27


小説 / 恋愛

完結 真昼の花火

作品の長さ:133,524文字

(1)読者数:54

 結婚するはずだった相手も、産まれてくるはずだった小さな命も、あと三年残っていた大学生活も、全て失ってチャコは生まれた街に帰ってきた。

 その日、雨森神社で再会したハヤト。高校で一緒に過ごした日々、三角関係とも呼べない淡い恋、大人になりきれないまま拗れる友情。

 絡まりあった糸がほどける始める。

 

※作中に登場する地名は架空のものです。

 

#恋愛 #友情 #青春 #夏

作品を読む

この作品のレビュー一覧

Small

ノベラボ編集部

2018.09.20 14:51

淡々と進む物語でしたが、もう少し緩急のある構成にすれば、さらに味わいが出てくると

思いました。

続きを読む

この作品とコラボレーションしている作品

この作品とコラボレーションしている作品はありません。

Totop