Large

更新日時:2018.07.13


小説 / 恋愛

連載中 貧困女子

作品の長さ:49,428文字

(0)読者数:72

牧野美由紀は都内でアパレルメーカーの販売員をしていた。開店前には商品を陳列し立ちっぱなしで接客にあたり閉店後は事務処理をして1日が終わる。働いても働いても貧困女子だった。貧困女子の定義は、「年収114万円未満の独身女性たち」であるということとされている。月収にすれば、11万~16万円程度の月収を得ている女性達だ。現在、日本国内において働く女性は全国でおよそ2.800万人いるが、働く女性のうち、約3分の1が該当する計算になる。「あなたの隣りにもいる貧困女子の貧乏生活」の物語です。

#貧困女子 #貧乏女子 #貧乏 #労働 #低賃金 #金 #生活 #ブランド #見栄 #食パン #恋愛 #恋 #幸せ #寂しい #カフェ #青春 #友情 #恋心 #一目ぼれ #スターバックス #キャバクラ #キャバ嬢 #アパレル #ピンキー&ダイアン #ビームス #歌舞伎町 #新宿 #フェイスブック #インスタグラム

作品を読む

この作品のレビュー一覧

この作品のレビューはありません。

この作品とコラボレーションしている作品

この作品とコラボレーションしている作品はありません。

Totop