Large

更新日時:2018.07.13


小説 / ミステリー

完結 白装束

作品の長さ:47,702文字

(0)読者数:100

広島県双三郡吉舎町、過疎化の進んだ人口約5.000人に満たない農村部の廃墟となっていたグループホームに突如として現れた白いワンボックスの自動車に乗ってやって来た。白装束の不思議な神山聖一夫婦とトイプードル。彼らたちは言う「ただ、普通に暮らしたいだけだ。」統合失調症という(精神障害者)が暮らし始めたグループホーム跡地の庭から「白骨死体」が発見された。マスコミや報道は「白骨死体」よりも真面目に生きようとしている白装束の4人を「宗教団体扱いをして責めたてる」差別や偏見の目を向けられた。【彼らたちの願いはただ一つ、普通に暮らしたいだけだ。】この町は2004年4月1日に廃止市町村双三郡となった町だった。【地名の由来は】承久の乱で隠岐へ配流途中の後鳥羽上皇が「吉(よ)き舎(やど)りかな」と言われたことからきていた。現在は広島県三次市と甲奴郡甲奴町、双三郡の全町村の新設合併をされ広島県三次市吉舎町となっている。

 

#広島県 #三次市 #吉舎町 #わに #サメ #まったけ #過疎地 #高齢化 #少子化 #馬洗川 #農村 #農家 #自給自足 #グループホーム #普通に暮らしたい #夏祭り #灯篭ながし #フェイスブック #インスタグラム #統合失調症 #幻覚 #幻聴 #肥満 #アルコール依存症 #合成ドラッグ #自然 #白 #黒 #宗教法人 #思想 #集団 #カルト #白骨死体 #死体 #殺人 #変死体 #差別 #偏見 #

作品を読む

この作品のレビュー一覧

この作品のレビューはありません。

この作品とコラボレーションしている作品

この作品とコラボレーションしている作品はありません。

Totop