Large

更新日時:2019.01.07


小説 / 青春・友情

完結 夏の鳥籠

作品の長さ:227,793文字

(0)読者数:162

「きみはなにか文章を書くべきだ」

家庭教師の先生がそういったので、十三歳の悠木静流は先生にむかって手紙を綴りはじめる。その手紙の数々がみちびく謎。海辺の別荘で従兄弟たちと過ごす最後の夏に隠された残酷な記憶。

 

あの夏、なにが起こったか。彼女はなにを隠してるのか。

 

#夏の鳥籠

作品を読む

この作品のレビュー一覧

この作品のレビューはありません。

この作品とコラボレーションしている作品

この作品とコラボレーションしている作品はありません。

Totop