【重要:お知らせ】ノベラボ サービス継続のお知らせ

【重要:お知らせ】ノベラボ サービス継続のお知らせ

Large

更新日時:2018.11.13


小説 / BL

完結 江戸鯉物語 花の盛りで死ねれば本望

作品の長さ:16,858文字

(0)読者数:65

男色が流行していた江戸時代。

男同士の恋物語。

井原西鶴「男色大鑑」 より

<中脇差は思いの焼け残り>のスピンオフです。

原作を知らなくてもお楽しみいただけます。

作品を読む

この作品のレビュー一覧

この作品のレビューはありません。

この作品とコラボレーションしている作品

この作品とコラボレーションしている作品はありません。

Totop