お知らせ

2017.02.28

第 18 回ノベラボグランプリ「歴史・時代」、最優秀作品を発表しました!

1 月に開催された第 18 回ノベラボグランプリ(歴史・時代)の結果を発表します! 最優秀賞と最終候補作を合わせて 2 点選出いたしました。最優秀賞については、著者様とご相談の上、ディスカヴァーからの発売を予定しています。

最優秀賞

該当作品なし
 
残念ながら今回は、最優秀賞の該当作品は無しという結果となりました。
 
 

最終候補作品

蒼獣の剣 猛士
刻は幕末。政局混迷を極める京の都に一人の若者が上洛す。馬庭念流を使う青年「長尾虎次」はスリの「文吾」と出会った為に、京の闇で続く人外の化生「鵺神」との戦いに巻き込まれていく……
 
●講評
息もつかせぬ展開はさすがです。この著者は本当に筆力が高い。ただこの作品は「連載の初回」感が拭えず、かつ登場人物の掘り下げも必要です。続きがあるならぜひ読んでみたい。
 
>>この作品を読む
 
 
浮世絵美人は時間遡及の旅をする SAKURAI
あるはずのないもう一枚の浮世絵の秘密を探るべく、さきと光彩は再び江戸に向かう。そして懐かしい仲間達と秘密を探るのだった。前作「恋人は浮世絵美人」の続編。
 
●講評
前回の講評でも書きましたが、やはりストーリーが単調です。登場人物も魅力に欠けます。ただ設定はおもしろいので、これを活かす工夫をしてみては。
 
>>この作品を読む
 
 

Totop