Large

更新日時:2017.09.01


小説 / 恋愛

完結 銀盤のフラミンゴ

作品の長さ:21,988文字

(8)読者数:611

【第17回ノベラボグランプリ最優秀賞受賞作品】

※各主要電子書籍ストアにて販売中。当サイトでは全四章構成(約9万文字)のうち、第一章のみ公開しています。

 

 一瞬。ほんの一瞬、静寂がこの広いスケートリンクを覆うと、ソレは少しずつ大きな音を立て始めていた。まるで、レコード盤に針を落とした瞬間のように、耳障りなノイズが常にわたしに襲いかかってくる。

 あの音が堪らないんだってよくお父さんは言ってるけれど、そんなアナログな「古き良き……」なんてモノに興味なんて持てないわ。じゃあ、わたしの好きなモノっていったいなんなのかしら?

 スケートを教えてくれたお母さんはこんなことを言っている……。

「スケートってね、小さな銀盤の箱庭で、ルールなんていう不自由さにもがきながら、必死に羽を広げて自由を表現するアートのようなものよ」

作品を読む

この作品のレビュー一覧

Small

六月菜摘

2017.11.18 10:14

ネタバレ注意

誰しもが真っ直ぐ目標を見出せる訳じゃない。頑張ってきたことに続ける理由が見つけられないなら立ち止まってみよう。ダーリーンの迷いを見たランディは苛立ちを隠さない。自分の過去を思えば甘えているように思えるだろう。そんなランディもダーリーンから影響を受ける。人は誰かを支えたり支えられたりする。辿り着くまでの道はまっすぐ最短じゃなく、まわり道をしてもいい。そう教えてくれてる気がした。

続きを読む

Small

西崎 仁

2017.09.24 22:06

レビュー詳細は別所にて書かせていただきましたが、モンタナの風薫る爽やかな物語をあ

りがとうございました! 恋愛、そうくるか!という感じだったことは確かです。

続きを読む

この作品とコラボレーションしている作品

この作品とコラボレーションしている作品はありません。

Totop