Large

更新日時:2017.06.28


小説 / ミステリー

完結 UMA探偵とヒュドラの再現

作品の長さ:84,216文字

(2)読者数:18

凄惨な事件と関わりを持つリポーター、スクープを狙う強欲な撮影班長、黒ずくめの女、そしてUMA探偵――様々な思惑を抱いて集まった曲者達に、巨大海蛇が襲いかかる。

現れては消え、瞬時に再生する巨大海蛇は、超自然的な力を持つ魔物なのか? はたまた、科学的に説明のつく生物か?

そして、最後に勝利を手にするのは……?

 

謎の生物の正体を暴き、世界滅亡の予言に挑むSFミステリー、UMA探偵シリーズ第一弾!

(第二回カクヨムWeb小説コンテストSF部門中間選考通過作)

作品を読む

この作品のレビュー一覧

Small

虹乃ノラン

2018.01.18 22:28

ネタバレ注意

ヒュドラの正体と人を襲う理由。推測は推測であって人間のもつ哲学や道徳の前提の上に成り立つものでしかない。終盤、「子どもを守るのは立派で、放置するのは悪だというのは人間の道徳だ。その道徳は人間社会を維持するためには(中略)他の生物までそういう尺度で評価するのはいただけないな」に続く一連の語りに、生物学者としての人鳥哲学を感じて強く共感しました。

続きを読む

Small

ノベラボ編集部

2017.08.28 14:23

「海蛇」の出現とUMA探偵との出会い、特徴あふれるキャラクターの掛け合いと、「謎

」の正体が明らかになっていく過程は、非常にワクワクさせるものでした。

続きを読む

この作品とコラボレーションしている作品

この作品とコラボレーションしている作品はありません。

Totop