特集・イベント

『幕末陰聞 山南語り』が発売に!

2016.10.18

受賞作に編集を加え、ディスカヴァーより電子書籍として発売しました。山南敬助、ぜひお楽しみください。

第7回優秀賞受賞作品
[電子書籍]幕末陰聞 山南語り(旧タイトル:影蝋蟲 ~幕末陰聞~) 猛士/著 800円


京へ戻る桂小五郎の警護を依頼された『万荒事屋』の葛城柔志狼。だが、京に足を踏み入れた二人を、謎の雲水の一団が襲う。果たして雲水の狙いは? 背後で蠢く『蟲匠』とは? 京の都を襲う妖異に山南敬助の『将門流陰陽術』が迸る!
 
●講評
新撰組をテーマにした王道のストーリー展開だが、よく練られており、盛り上がりのツボも計算されていた。シリーズで3作品応募いただいていたが、新しいものになればなるほど、描写・キャラクター・ストーリーの完成度が上がっているため、こちらの作品を選出した。本来の主人公である山南敬助が、葛城柔志狼に食われているのも、キャラクターが生きている証拠だろう。難読漢字が多用されており、読む際に引っかかりがある点に改善の余地を感じた。
 
>> [電子書籍]幕末陰聞 山南語り
>> [ノベラボ]影蝋蟲 ~幕末陰聞~
 

Totop