Large

更新日時:2018.07.17


小説 / SF・ファンタジー

連載中更新 エルダーニュの薫る丘 -in the After story for Chocolatier-

作品の長さ:39,794文字

(0)読者数:3

 歴史に残る戦乙女の伝承から三十年経った日の話。Ⅶ(セファ)の国、港町エルダーニュでは、国民達がある問題に悩まされていた。それは心に住み着く闇の魔物「メタヘル」による激しい猛攻だったのだ。

 かつて鳴りを潜めていた魔物は、静かに息を潜めて反撃の隙を狙っていた。

 そんな中、不思議な雰囲気を持つエルノと名乗る少年と、ニナと名乗るお喋りな黒猫(ケットシー)は心理学者の家に仮住まいし、海風の薫る港町で「不思議な効果を持つアロマオイル」を売り始める。しかし、彼らは悪い噂によって追い出されてしまった。

 彼らを探す為に、残された心理学者達は「医療キャラバン」結成して、腐り始めた「Ⅻの世界」を、治療し始めていく――。

 

 「臨床心理学」×「アロマテラピー」=異色ファンタジー!!

~~

 ※ショコラトル戦記のAfter storyです。

 ※表現上「薫り」と「香り」を使い分けています。

 

#ショコラトル戦記 #エルダーニュの薫る丘 #アロマテラピー

#アロマオイル #心理学

作品を読む

この作品のレビュー一覧

この作品のレビューはありません。

この作品とコラボレーションしている作品

この作品とコラボレーションしている作品はありません。

Totop