【重要:お知らせ】ノベラボ サービス継続のお知らせ

【重要:お知らせ】ノベラボ サービス継続のお知らせ

小椋夏己さんのシリーズ

Cover02
SF・ファンタジー

「託宣によりあなたを『神の助け手』としてお迎えいたしました」

 

 突然の嵐に投げ出され、九死に一生を得た傭兵トーヤが目覚めると、そこは見たこともない豪華な宮殿の一室であった。

 そこで「生き神シャンタル」の侍女である美貌の女神マユリアにそう告げられ、そこからトーヤの不思議な体験が始まる。

 

 代々その身に「女神シャンタル」を宿す少女「生き神シャンタル」、二千年の間永々とつむがれてきた生き神をつなぐ歴史、永遠に続くと思われた神と人との共存、その運命が今試されようとしている。天は一体トーヤに何をしろと言うのか?

 

 そんな不思議な出来事、八年前の出来事をトーヤは仲間のアランとベルの兄妹に語り始めた。

 再び「シャンタルの神域」に戻るために、連れ帰った「黒のシャンタル」と呼ばれた不思議な少年と共に再び吹き荒れる運命の嵐に立ち向かうために。

 

2021年5月20日(木)に無事一部完結いたしました。引き続き第二部「新しい嵐の中へ」を現在毎日更新中です。

 

 第一部の三年前、トーヤの仲間の紅一点、当時まだ10歳のベルが主人公の4人の出会いの物語、外伝「銀色の魔法使い」もあります。

 

 「第二部」「外伝」を合わせてよろしくお願いたします。

 

 感想やブックマークをいただけると励みになります、どうぞよろしくお願いいたします。

 時々「リメイク」と称して書き直しがあります。

 

注1:あまり過激な表現はないと思いますがそれなりに衝撃を受ける方もいらっしゃるかも知れませんのでR15とさせていただきました。

 

注2:「登場人物紹介」は章が進むとネタバレが含まれる可能性があります。ネタバレ嫌!な方は飛ばして本文を読んでください。

 

 

 

※更新報告などがあります、活動報告も御覧ください。

 

※「小説家になろう」「カクヨミ」「novelabo」「アルファポリス」で最終回まで全編公開中

 

※「ノベルアップ+」「エブリスタ」「待ラノ」では遅れてただいま連載中

シリーズの作品を見る

Cover06
SF・ファンタジー

「託宣によりあなたを『神の助け手』としてお迎えいたしました」

 

 突然の嵐に投げ出され、九死に一生を得た傭兵トーヤは、目覚めると「生き神シャンタル」の侍女である美貌の女神マユリアにそう告げられた。

 

 八年前、嵐によって不思議な運命に巻き込まれたトーヤは、今、仲間のアランとベルの兄妹に全てを語り終えた。

 

 「俺とシャンタルはこの町から東へ、シャンタリオへ行く。おまえらもどうするかよく考えろ」

 

 そう言って、2人の仲間に自分たちの道を選べと告げた。

 

 アランとベルの選択は、そしてもう一度見えない未来に向かって進むために東へ、不思議な国へ戻るトーヤとシャンタルの運命は……

 

 「黒のシャンタル 第一部 過去への旅」の続編です、舞台は八年後のシャンタリオへと移ります。初めての方はぜひ第一部からお読みください。

 

 三年前のトーヤたち4人の出会いを書いた、ベルが主人公の外伝「銀色の魔法使い」も30話完結で公開しています。

 

 「第一部」「外伝」も合わせてどうぞよろしくお願いいたします。

 

 感想、評価、ブックマーク、その他誤字報告などをいただけるととても励みになります、喜んでやる気が出ます。どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

注1:あまり過激な表現はないと思いますがそれなりに衝撃を受ける方もいらっしゃるかも知れませんのでR15とさせていただきました。

 

注2:「人物紹介」は章が進むとネタバレが含まれる可能性があります。ネタバレ嫌!な方は飛ばして本文を読んでください。

 

注3:平日2回、土日・休日は1回公開予定。時間は色々になると思います。

 

※更新報告などがあります、活動報告も御覧ください。

※「小説家になろう」「カクヨミ」「novelabo」「アルファポリス」で公開中

シリーズの作品を見る

Cover04
その他

 はじめまして、小椋夏己と申します。

 

 一応何か文章書きの端くれを自認しています。

 

 どうして文章書きになろうと思ったか、自分が書いたものについて、自分が生み出した登場人物たちについて、その他色々を、「作者小椋夏己」として、何かの形にしていきたいと思いました。

 

 どうぞよろしくお願いいたします。

 

「小説家になろう」「カクヨミ」「novelabo」「アルファポリス」「ノベルアップ+」で公開予定

シリーズの作品を見る

Cover12
その他

諸連絡等、お知らせしたいことを書いていきます。

シリーズの作品を見る

Totop