【重要:お知らせ】ノベラボ サービス継続のお知らせ

【重要:お知らせ】ノベラボ サービス継続のお知らせ

Large

更新日時:2017.11.06


シナリオ / 青春・友情

完結 世界の終わりとオレンジ

作品の長さ:25,483文字

(1)読者数:68

違う場所、違う境遇で生きる三人の青年の話。

 

一人は、戦争も災害もない国で、暴力に憧れながら悶々と生きている。

一人は、何のための戦争かも知らず、銃を片手にずっと戦いながら生きている。

一人は、外の世界を知らず、白い部屋の中で生きている。

 

三人は、互いのことを知らない。けれど、彼らは出会う。

 

【登場人物】

A1・・・暴力に憧れる少年。

A2・・・何のための戦争かも知らずに戦い続ける少年。

A3・・・外の世界に出たいと思っている白い部屋にいる少年。

 

B1・・・A1の同級生の女子。

B2・・・A2といつも共にいる少女。

B3・・・A3の隣室の少女。

 

C1・・・A1に恨みをもつ。

C2・・・A2達の保護者係。

C3・・・A3の世話を見ている。

 

齋藤多喜が高校2年生の時に執筆した作品。

作品を読む

この作品のレビュー一覧

Small

ノベラボ編集部

2017.12.28 09:35

ネタバレ注意

会話文主体で構成されている異色作。これが演劇ならばそのまま成立するでしょうが、活字となるとそれなりのスキルが必要になると思います。もう一工夫ほしいところです。

続きを読む

この作品とコラボレーションしている作品

この作品とコラボレーションしている作品はありません。

Totop