【重要:お知らせ】ノベラボ サービス継続のお知らせ

【重要:お知らせ】ノベラボ サービス継続のお知らせ

Large

更新日時:2020.05.18


小説 / SF・ファンタジー

完結 緑色閃光 第一部 鋼と子宮と生命と。

作品の長さ:254,399文字

(0)読者数:41

カクヨム、ノベルアッププラスにて掲載しているものを修正したものです。

 

ナルオンと呼ばれる世界の都市、ベイソン・ニモラダにて突如2つの物体が落下、消滅しルガージ=セイロと名を変えた。

 調査を行った組織は複合体へと名を変え、マイスと呼ばれる花の意味を持つ人型兵器を供給した。乗り手は庭師の意味を持つクァンターと称する。

 30年後、20年前より建設された中立都市ニウテラにてフリーのクァンター、アランは物資の輸送任務にあたっていたが、複合体よりルガージ=セイロに向かうよう依頼を受ける。

 隣町のウマポウンチに向かう最中、ニウテラは突如として強国の一つ、ガルキア側からマイスによる襲撃を受ける。

 警備についていたハンスらが自身のマイスを駆り、対処に当たるも襲撃したマイスはデータに一切なく、性能差もあって不利な状況を強いられる。

 一方、アランは移動中に襲撃の知らせを受ける。

 ルガージ・セイロに向かうように指示を受けるもアランは蹴り、自分のマイスを起動させてニウテラへと出撃する。

作品を読む

この作品のレビュー一覧

この作品のレビューはありません。

この作品とコラボレーションしている作品

この作品とコラボレーションしている作品はありません。

Totop