【重要:お知らせ】ノベラボ サービス継続のお知らせ

【重要:お知らせ】ノベラボ サービス継続のお知らせ

Large

更新日時:2019.08.19


小説 / SF・ファンタジー

完結 夏の音

作品の長さ:4,737文字

(1)読者数:43

『モスキート』

蚊の音が五月蝿い。

夏の真夜中。蚊と戦う父と、受験勉強をしている娘の話。

『とうふ屋さん』

幼い頃から、私にとってとうふ屋さんというのは不思議な存在だった。

夏の夕方。夕飯の支度をする一人暮らしの母と、帰省中の娘の話。

『弟と本』

夜を本にしようかなと弟は言った。

夏の夜。好きなものをなんでも本にしてしまう弟とそれを眺める姉の話。

作品を読む

この作品のレビュー一覧

Small

唐瀬大

2019.08.17 13:02

モスキートは、父親の悲哀をシニカルに書いたブラックユーモア。シャレも効いてる。

とうふやさんは、逆トトロ?←これが一番好き。 弟と本は、なんとも奇妙な味。発想が面白い。よくこんなアイデアが浮かんだものだ。

続きを読む

この作品とコラボレーションしている作品

この作品とコラボレーションしている作品はありません。

Totop