【重要:お知らせ】ノベラボ サービス継続のお知らせ

【重要:お知らせ】ノベラボ サービス継続のお知らせ

Large

更新日時:2019.08.20


小説 / 歴史・時代

連載中 蕎麦屋玄蔵影打ち控

作品の長さ:20,887文字

(0)読者数:9

藤玄蔵(ふじげんぞう)は、元南町奉行所の切れ者同心だったが、思うところあって公職を辞し、屋台蕎麦屋となる。

そして…。

 

「屋台蕎屋としては蕎麦を打ち、影においては悪を打つ」

 

玄蔵の第二の人生が始まった。

 

玄蔵がふるう、人を斬るための利刀業物(わざもの)として名高い、長曽根虎徹入道興里(ながそねこてつにゅうどうおきさと)の大刀が、今宵も悪を打つ!

 

その反面……

 

(人殺しが打った蕎麦を口に入れていると知ったら……この人達は果たして、このような笑顔を見せてくれるだろうか……)

 

 と、玄蔵は蕎麦屋台の客達の顔を見る。

 皆、胸の裡には、人に言えない苦悩や、どうしようもない迷いを秘めているに違いなかったが、今は屈託のない笑い顔一色だ。

 そんな笑顔を見るにつけ、

 

(ああ……この人達のこのひとときの笑顔のために……私は蕎麦を打ち……影で悪人どもを打っていこう)

 

 と、玄蔵は改めて思い直す。

 そして、いつも決まって―――

 

(いずれ、たった一人で地獄へ墮ちるに違いないが……な)

 

 唇に薄く自嘲を浮かべるのだった。

作品を読む

この作品のレビュー一覧

この作品のレビューはありません。

この作品とコラボレーションしている作品

この作品とコラボレーションしている作品はありません。

Totop