【重要:お知らせ】ノベラボ サービス継続のお知らせ

【重要:お知らせ】ノベラボ サービス継続のお知らせ

Cover08

更新日時:2020.09.06


小説 / SF・ファンタジー

完結 バード・コール

作品の長さ:39,361文字

(0)読者数:13

あらすじ

 

 限界集落の村は新居者の募集をかけた。

 田舎に憧れた者達が住み始めたが、入村料は自治会の支払いを行わずトラブルとなっていた。

 居住した少女の村上小内里(こより)は、村人の中で最も若く、通学で村を出ている岩田真紀と仲が良かった。

 小内里は真紀が戻った時に遊ぶ約束をしていたが、待ち合わせ場所に来なかったのを不審に思い、道を戻る途中で中央に出てしまう。

 運悪く、真紀が乗っていたバイクが来て衝突してしまう。

 小内里は一命をとりとめるが、真紀は意識不明となる。

 村人達は新居者を非難するも、新居者は耳を貸さない。

 業を煮やした村人達は代表と議員を立て、探偵の加納に事故の調査を依頼する。

 小内里は事故の後、真紀に似た少女が付きまとっていた。

 精神科の帰り、ほこらで弱っていた鳥を助けると加納に出会う。

 加納は保護した鳥を助ける代わりに現場の動向を求め、小内里は了承する。

 帰りに少女は同行する理由を問う。

 小内里は少女に反発し、つかもうとするが幻影だと気づく。

 現場に向かう際、少女は小内里に逃げろと促すも、無視する。

 調査を行った際、ほこらの出来事が記憶によみがえる。

 空き地で鳥を助けたのと現場の状況が重なり、弱った鳥を助けるために中央に出たのだと気づく。

 加納は小内里の推測に加えて、車通りもないと判断し、中央に出たのが原因と話す。

 小内里は自身が原因だと気づくと同時に、少女の正体が自己嫌悪を防ぐ存在だと気づく。

 加納は代表と議員に報告書を提出する。

 二人は報告書を読んだ後、加納に再契約を求めるが、加納は拒否する。仕方ないと判断し、帰った。

 加納は小内里の松喫茶店に向かい、予測できない状況での行動を責めるのは不可能だと話す。向き合うならと意識が回復した真紀の入院先を教える。

 真紀はメモを受け取り、病院に向かった。

作品を読む

この作品のレビュー一覧

この作品のレビューはありません。

この作品とコラボレーションしている作品

この作品とコラボレーションしている作品はありません。

Totop