【重要:お知らせ】ノベラボ サービス継続のお知らせ

【重要:お知らせ】ノベラボ サービス継続のお知らせ

Large

更新日時:2020.09.12


小説 / SF・ファンタジー

完結 頭鳴り姫は怪異を語る

作品の長さ:11,095文字

(0)読者数:64

【第1回ノベラボ小説アワード最終候補作品】

 

 大学生の義甲貴伸は、親友の周防優樹に誘われて、同級生の花香瑞、黒塚華菜恵と一緒に天鼓岳の案内人を務めることになった。

 目的は社会人グループ『野鳥の会』と雷鳥を探すことだった。

 山登りをしている途中、黒塚が姿を消し、1体の裸になった死体を発見したことにより、『異常気象』が義甲たちに襲いかかる。

 

 殺された和服の女の子が囁くとき、『あれ』が正体をあらわす――。

作品を読む

この作品のレビュー一覧

この作品のレビューはありません。

この作品とコラボレーションしている作品

この作品とコラボレーションしている作品はありません。

Totop