お知らせ

2017.03.30

第 19 回ノベラボグランプリ「お仕事小説」、最優秀作品を発表しました!

2 月に開催された第 19 回ノベラボグランプリ(お仕事小説)の結果を発表します! 最優秀賞と最終候補作を選出いたしました。最優秀賞については、著者様とご相談の上、ディスカヴァーからの発売を予定しています。

最優秀賞

ホーボーズ・カフェ ヰ戸英壱


静かに、カフェを経営している男。奇妙な客人たちと共に淡々と過ごす日常に、立ち退きという理不尽な現実が唐突に迫りはじめる。そんな折、常連客から謎のコーヒーの正体を突き止めてほしいと頼まれる。
 
●講評
カフェが舞台のショートストーリー集。それぞれのストーリーの、面白さとつながりが良かった。ただ、ところどころ表現が小手先な印象を受けます。改良の余地ありです。
 
>>この作品を読む
 
 

最終候補作品

fuga ~ガラスに沈む夕陽~ 桐嶋ハトメ
何もかもから逃げ出した私が、偶然辿り着いた、小さな喫茶店「fuga(フーガ)」。商店街の外れにひっそりと佇むその店は、誰もが本当の自分を取り戻せる、不思議な空間だった。
 
●講評
カフェが舞台の恋愛小説。ありふれたプロットでしたが、不思議と続きが気になり一気に読めます。作中「推理小説」が出てきますが、どういう意図なのか分かりませんでした。
 
>>この作品を読む
 
 
自分探し?(前/後編) rokuno kouichi
お父さんが突然の、引きこもり宣言。二十五年専業主婦一筋だったお母さんの冒険が始まる。
 
●講評
淡々と書かれていますが、つっこみどころ満載のストーリーで楽しめました。面白かったです。ただ、物語のピークをどこに置くのか、もうひと工夫欲しいです。
 
>>この作品を読む
 
 
まずはひと口めの香りを味わって 作田あずさ
「喫茶シンフォニア」二代目マスターからアルバイトを依頼された大学生ユウキと、お客さんや商店街の人々が織りなす、コーヒーの香りに包まれたひと夏の癒しと成長の物語。
 
●講評
「面白いんだけど、なぜか印象に残らない」というのが率直な感想です。ストーリーと人物像の深掘りをしてみては?
 
>>この作品を読む
 
 
ナナと時雨の不思議な秩序(オーダー) 大友青
「あなたの叶えたい夢は何でしょうか――?」それぞれの想いは、契約により執行される。「お代は頂戴いたしません。あなたが夢を叶えた時に対価を頂戴いたします――」そして、夢は現実に変わる。
 
●講評
設定は良かったですが、どこかで読んだ話だな……感が拭えません。ぜひ展開に工夫を。
 
>>この作品を読む
 
 

Totop