特集・イベント

第 25 回ノベラボグランプリ 結果発表!!

2017.10.31

9 月に開催された第 25 回ノベラボグランプリ(ファンタジー)の結果を発表します! 最優秀賞と最終候補作を選出いたしました。最優秀作品については、著者様とご相談の上、ディスカヴァーからの発売を予定しています。

最優秀賞

赤と青の出会う岸辺の物語 ルルヌイの子 観月


ルルヌイの子のウォルセフは、イオネツという不思議な少年と出会う。二人は仲良くなり、また会おうという約束をする。しかしイオネツは盗みの罪を着せられ、地下牢へとつながれてしまうのだった。
 
●講評
確かな筆力を感じます。緊張感を保てる描写など、かなり評価できます。ただ、ナトギ様や神霊など、書き切れていない描写が気になりました。構成上の詰めが多少甘かったです。
 
>>この作品を読む
 
 

最終候補作品

夢一夜 ~幽明に咲く花~ 西崎仁
航空自衛官の兄の所属基地で起こった幽霊騒動をきっかけに、櫻李はおなじ大学の他学科の女子学生、鈴原禅と出会う。霊感があることで有名な彼女の手助けにより目の前に現れた遊女、夜桜の告白によって、事態は思わぬ方向へと転がっていく。
 
●講評
設定はおもしろかったです。禅の見せ場がもっとあってもよかったかな。あと状況説明を書きすぎる傾向があります。物語のリズムを気にしてみては。
 
>>この作品を読む
 
 
愚かなボグスワフと可哀想なシャーロット 小高まあな
ウマい話には裏がある。私は今宵、主様の花嫁となる。領主様の本当の娘の代わりに……。心残りはただ一つ。塔に住んでいる自らを悪魔と名乗る奇妙な少年、あなたのことだけ。
 
●講評
よくできたストーリーでした。いくつか都合がよすぎる展開が見られた点が残念。プロットを練り直してみてください。もっとよくなります。
 
>>この作品を読む
 
 
メッセージ 神在琉葵
「白の黒の実は毒の実だ」このメッセージを信じていたら、こんなことにはならなかったのに…
 
●講評
おもしろかったです。もう少しストーリーに起伏があったらよかったかな。メリハリを加えてみてはいかがでしょうか。
 
>>この作品を読む
 
 
勇者じゃなくて かべちょろ
勇者じゃなくて勇者のパパだと思っていたら、結局なんだか勇者っぽいことになるお話。
 
●講評
ストーリー、練られていましたね。戦闘場面にもっと迫力があればさらによかったです。工夫をしてみてください。
 
>>この作品を読む
 
 


▼ 過去の受賞作品

第 24 回「夏」
第 23 回「オールジャンル」
第 22 回「サスペンス」
第 21 回「コメディ」
第 20 回「アクション」
第 19 回「お仕事小説」
第 18 回「歴史・時代」
第 17 回「恋愛」
第 16 回「ミステリー」
第 15 回「SF」
第 14 回「青春・友情」
第 13 回「ファンタジー」
第 12 回「オールジャンル」
第 11 回「旅・旅行」
第 10 回「家族」
第 9 回「ビジネス・経済」
第 8 回「卒業」
第 7 回「歴史・時代」
第 6 回「ミステリー」
第 5 回「SF」
第 4 回「恋愛」
第 3 回「ホラー・サスペンス」
第 2 回「青春・友情」
第 1 回「ファンタジー」

Totop